top

キャットフードの保存

猫の離乳食について

猫にも離乳食があるのをご存じでしたか?離乳食を始める時期は、生後3週間目頃が目安となります。その頃の子猫の成長としては、乳歯が生えてくる・少しずつ歩き出すようになる・排泄が自分でできるようになるなど、今まではできなかったことができるようになる時期です。順調に成長していれば体重は300〜400gほどです。多少の増減は心配しなくても大丈夫ですが、極端に少ない場合には専門医へ見てもらいましょう。

生後3週間を過ぎ、乳歯が生えていることが確認できたら離乳食を開始します。今までミルク、母猫からの母乳だけだった子猫もこの頃から他の食事に興味を持ち始めます。しかしどのように食べたらよいかがわからないので、こちらがサポートする必要があります。

まず、離乳食の準備です。猫用の離乳食が市販されているのでそれを与えるようにします。初めのうちはミルクとの併用でも構いませんが、少しずつ離乳食のみを与えるようにしていきましょう。子猫用の離乳食を全く食べないという子の場合、子猫用のドライフードをふやかして与えることもできます。初めのうちは、完全にふやかしておくようにしましょう。離乳が進むのに合わせて、ふやかす程度を加減していきます。

次に与え方です。興味はありますが、上手に食べるにはまだまだ時間がかかります。生後1ヶ月ほどの子猫は体も小さく体重も軽いので、大きなお皿や深いお皿だと体全体がお皿に入ってしまい上手に食べることができません。小さくて浅いお皿に入れてあげるようにしましょう。しょうゆ差しのような小皿が丁度いい大きさです。最初からドライフードを食べる子もいますが、乳歯が生えたばかりだと十分に食べることができず、体重が増えなくなるということもあります。まずは、ふやかしたドライフードや子猫用の離乳食で「飲む」から「食べる」へ、変化をつけるようにすると、スムーズな離乳が出来ます。

離乳自体は1,2週間ほどで完了します。離乳後は子猫用フードと新鮮な水を与えるようにしましょう。