top

キャットフードの保存

避妊・去勢後のキャットフード

一般的に避妊・去勢手術後は太りやすい体質になります。手術前は生殖器官で使われていたエネルギーが、手術をするとそのエネルギーが消費されなくなるため、以前と同じカロリーではカロリー過多になってしまいます。避妊や去勢の手術後は行動範囲も狭くなるため運動量が減り、カロリー消費も手術前よりも少なくなることも、太りやすくなる要因としてあります。さらに、今まで「生殖」というものに気持ちを向けていたものがなくなるため、その分食欲に気持ちが向くという猫もいます。避妊・去勢手術後の経過は個体差があり、一概に太ると言えないのです。しかし、太りやすい傾向があるということを覚えておくと、対策が取りやすくなります。

生後6ヶ月頃から手術することが可能になります。この時期はまだ子猫用のフードを食べている時期でしょう。手術後は成猫であっても、子猫であっても太りやすくなることがあります。そうした場合、避妊・去勢手術後用のフードにすると体重増加を抑えることができます。

避妊・去勢後のフードは、体重増加を抑えられるようにカロリーが低めになっており、高たんぱく・満腹感の工夫など、普通の体重コントロール用のフードと変わりないと感じるかもしれません。しかし、こちらのフードの大きな特徴は「生後6ヶ月から食べられる」ということです。大抵の体重管理のフードは1歳過ぎてからですが、避妊・去勢後のフードは子猫から食べられるように小粒になっているもの、お肉成分メインにしているものが多く、成猫前に手術をした猫でも与えらえるフードです。

生後6ヶ月頃だと、歯も生えそろっていますし消化機能も成猫に近いくらいにまでなっています。しかしまだ、子猫であることには変わりなく、成長段階です。フードでの栄養補給が重要な時期です。避妊・去勢後のフードは、カロリーは抑えめになっていますが、子猫の成長に必要な栄養がしっかりと含まれているので、体重管理をしつつ成猫への成長サポートしてあげることができます。

1歳を過ぎたら成猫用のフードに変えてあげることにより、体重コントロールを続けていくことができます。