top

キャットフードの保存

1日のキャットフードの量

毎日どのくらいの量をあげているかわからない・どのくらいの量が必要なのかがわからないという悩みが意外と多くあります。しかし、キャットフードの量の管理は愛猫の健康管理に重要なことなのです。

キャットフードのパッケージには「与え方」「必要量」という表記があるものがほとんどです。猫の年齢(月齢)、体重をもとに、どのくらいの量をあげればよいかが一目でわかるようになっています。ここを見れば1日の量がわかります。給餌回数も表記されているので、1日の量を給餌回数で割れば、1回の食事量が計算できます。

成猫の適正カロリーは「体重×80カロリー」の公式で求められます。この計算式で出たカロリーを1日2~3回に分けてフードを与えます。厳密な時間を決める必要はありませんが、理想は朝昼晩に1回ずつ与えるとバランスが保てて良いです。

室内飼いの場合は、「体重×70カロリー」で計算しましょう。フードのパッケージに表記されているカロリーは、あくまでも運動量がしっかりとある成猫のカロリーなので、運動量が少なくなる室内飼いの猫は、摂取カロリーを調整しないと肥満になってしまいます。

猫はご飯が少し残っていても口をつけず、新しいご飯を要求することがあります。これは「ご飯のにおい」が関係しています。強いにおいがしなくなれば、猫は食欲をなくしそのご飯を食べなくなってしまいます。そのときには、新しいご飯と交換してあげましょう。注意が必要なのは「むら食いとの違い」です。

猫はむら食いをする動物です。決まった時間にご飯をあげても、全く口をつけないことやにおいを嗅ぐだけの時もあります。ご飯を食べないからといっておやつをあげたり、ご飯の回数や量を増やすことは肥満や体調不良を招いてしまうので逆効果です。ご飯をあげた時間をチェックし、次のご飯の時間までの間にフードが減っていれば猫はきちんと食事を摂れているので心配ないでしょう。