top

キャットフードの保存

毛玉ケアのキャットフードについて

猫にシャンプーは必要ないと言われています。それは、猫が毛づくろいをすることで清潔を保っているからなのですが、その分おなかの中に毛玉が溜まってしまいます。お腹に溜まった毛玉は嘔吐や排便によって排出されますが、それがうまくいかない体質の子もいます。毛玉を排出できず食欲不振を引き起こすこともあります。

毛玉ケア用のキャットフードは総合栄養食のことが多く、療法食ではありません。猫にとって毛玉が溜まる・排出するというのはごく自然なことなので私たちが考えているよりも、体への負担は少ないのです。とはいうものの、やはり体質は大きく関係するので、毛玉の排出が上手な子とそうでない子がいます。

毛玉ケアフードの目的は、毛玉の元となる毛の排出を助けることです。毛玉を便と一緒にスムーズに排出できるように、食物繊維が多く含まれています。通常のフードと比べると2倍の量が含まれています。人間も食物繊維を多くとると便通が良くなりますが、それは猫も同じなのです。特に長毛種の場合は、毛玉を大量に飲み込んでしまう・元々の毛の長さが長いという特徴から、短毛種よりも毛玉がお腹に溜まりやすいため、毛玉ケアのフードで健康的な生活、健康的な毛玉の排出をサポートできます。

しかし、毛玉ケアフードには悪い点もあります。それは、食物繊維繊維が豊富に含まれているので、便が大きくなることもあります。便秘になりやすい猫は、便の排出がうまくいかずさらに便秘を悪化させてしまう可能性もあります。猫にとって便秘は、排便時の不快感だけでなく、食欲不振、嘔吐などの思わぬトラブルに繋がります。愛猫が元々便秘傾向にある場合には、まず便で毛玉が排出されているかを確認してから毛玉ケアフードの使用を検討してみるといいでしょう。

さらに、成分的な問題点もあります。繊維が多いということはそれだけ穀物が多いキャットフードということです。猫は本来肉食で高タンパク低炭水化物を求めるのですが、穀類が多いということは低タンパク高炭水化物ということになります。栄養バランスが反転してしまうので、肥満の原因になることもあります。愛猫の体調や状態をよくみてから、毛玉ケアフードが必要かどうかを考えることが大切なのです。