top

キャットフードの保存

子猫用のキャットフードについて

キャットフードには年齢別に分かれているものがあります。特に子猫用にスポットを当てていきます。

子猫用フードは生後4ヶ月ころから1歳になる子猫にのみに与えるフードです。生後4ヶ月ころになると、歯もしっかりと生えてきますし以前よりはしっかりと咀嚼することができるようになります。猫は1歳までの成長がとても大事なので、このころの食事に何を選ぶかがとても大切なのです。

子猫用キャットフードの特徴としては、豊富な栄養素を密度の高い必須アミノ酸が計算されているということです。また、粒が小さめなので口が小さい子猫でもしっかりと食べることできるよう工夫されています。香りも、成猫用とくらべると強いので子猫がまた食べたいと思えるフードです。成長が著しい子猫の時期にはやはり、専用フードで成長を助けることが必要です。歯がしっかりと生えてくるこの時期に、年齢が違う猫がいる場合、子猫が先輩猫のご飯を食べてしまうということがあるかもしれません。成猫用のフードや全年齢対応のフードも食べることができますが、栄養面では子猫用には劣る点が多いのです。

やはり、「成長」ということを考えると成猫用よりも子猫用のほうが成長に適した成分が多く含まれているため、もしも成猫用フードを食べてしまっても必ず子猫用フードを与えるようにしましょう。複数の猫がいる場合、先輩猫が子猫用フードを食べてしまうということもあります。それだけ匂いが強く、食欲をそそられるものだということなのですが、そうすると子猫にはきちんとしたフードが行き渡らないこともあります。その場合は、子猫だけ先に食事をさせてしまい、子猫用フードは猫が届かない場所に保管しておくなど、工夫が必要です。どのような場合にしても、子猫が確実に子猫用のフードを食べられるようにしてあげることが大切です。

子猫の成長はその後の健康を左右するといっても過言ではないほど重要なものです。子猫用のフードは少量で高額なことが多いですが、一生の健康を左右すると考えると、せめて1歳までは子猫用のフードをあげるようにしましょう。