top

キャットフードの保存

総合栄養食以外のキャットフード

キャットフードには総合栄養食のほかに、一般食、間食というくくりがあります。一般食は副食とも呼ばれ、エネルギー補給や特定の栄養素の補給を目的として作られています。ご飯にふりかけをかけるという感じです。これだけを猫のご飯としていると、栄養が偏ってしまうため必ず総合栄養食と一緒に使います。総合栄養食に比べて、味や種類も豊富にあるのでご飯の食いつきがよくないとか食欲が落ちたなと感じるようであれば、色々な種類を試し変化を加えるといいでしょう。

間食はおやつの位置づけです。こちらはしつけご褒美などで用いる事が多いフードです。カロリーが高い場合もあるので与えすぎで肥満にならないように注意が必要です。一般食と同じく、間食をメインの食事とすることはできないため、総合栄養食と併用して与えます。店頭で販売されているものだけでなく、ドライフードの他に与える鶏のササミや魚の刺し身なども間食、一般食になるので与え過ぎないようにします。

一般食、間食として売られているものには、総合栄養食と一緒に与えるようにとの注意書きがあるので、迷った場合には表記を確認するようにしましょう。