top

キャットフードの保存

キャットフードの選び方

一言でキャットフードと言っても、お店には色々なフードがあります。愛猫に合ったご飯選びは飼い主にとって大事な仕事の一つです。

まず、愛猫年齢をしっかり把握しましょう。キャットフードには4つの年齢区分があります。子猫用は離乳から1歳まで、成猫用は1歳から6歳まで、高齢猫用は7歳から10歳まで、老齢猫用は11歳以上です。年齢表記がない場合は、成猫用だと考えると良いです。特に、子猫と老猫は年齢相応のフードであることが成長や健康維持に不可欠なポイントとなります。年齢に合わせたフードを選んであげましょう。

次に、総合栄養食であるかという点です。すべてのドライフードがこの「総合栄養食」というわけではありません。一般食、副食、間食用のフードもあるので、購入前には必ずフードの表記を確認しましょう。

そして、猫の健康状態に合わせたキャットフードも大切です。様々な健康効果を持っているフードがあります。毛玉のケアや体重管理、下部尿路対策など健康の悩みに役立つ効果があるフードもあり、猫の悩みに応じたフードを選ぶと良いでしょう。